fbpx

(株)OESからのお知らせ

精子を増やすためには!

精子を増やすのための「避けるべき行為」

■喫煙の習慣がある

喫煙をしている人はしていない人に比べ、精子の数は減少し、運動率が低下する傾向があります。
これは、タバコに含まれる有害化学物質が取り込まれることで、体内の活性酸素が増えることが原因。
受動喫煙でも、その影響はほとんど変わりません。

 

■アルコールを多量に飲む

精巣内にはアルコールを分解する酵素があるのですが、分解される過程でできるアセトアルデヒドという非常に毒性の高い物質が精巣中で増加すると、精子を作る能力が低下。
しかし、適量のアルコールは精神状態を安定させ、生殖行為には適しています。

 

■熱い風呂に入る

科学者たちの間では、陰嚢、精巣の温度が1℃上昇するだけで、健康な精子の生産量が最大40%減少するということが知られているとも言われています。
 

■ノートパソコンの膝の上での長時間使用

パソコンの熱や電磁波が、陰嚢、精巣環境を悪化させる可能性があります。

 

■自転車やバイクに長時間乗る趣味

陰嚢、精巣の温度が上がり、造精機能に悪影響の可能性があります。

 

■締め付けのきついパンツの着用

陰嚢、精巣を締め付け、風通しが悪くなることで、造精機能が低下する恐れがあります。

 

その他、不規則な生活が造成機能に悪い影響をあたえるのは言うまでもありません。規則正しい生活を心がけたいですね。

 

精子検査を複数回行うことによって、体調による精子への影響を把握することができますので、一度ご確認することをお勧めいたします。

最近の記事

PAGE TOP