fbpx

予防医学指導士修養研修会

皆様、こんにちは。
11月16日~17日に開催された第8回予防医学指導士養成研修会に出席してきました。

予防医学指導士の資格を取得してから早いものでおよそ7年間の月日が経ち、当時自分自身では意識もしていなかった内容…高血圧、糖尿病、ガン、動脈硬化などの1つ1つの単語が身近に感じ、指導士としての勉強はもちろんですが自分自身の生活に置いても大変役に立つ有意義な時間を過ごせました。

缶詰め講義となっており、写真にもあるように休憩がなく凝縮された講義となっておりエコノミー症候群にならないようにと講義を聞きながらも定期的に足を動かしながらの時間を過ごしました(笑)。
どの講義も興味深いものでありましたが、心に強く残っているものの1つに『行動変容』についてです。行動変容とは、健康維持、回復のために不適切な行動を望ましいものに改善することです。
例えば血糖値を下げるために運動する。血糖が下がり、運動を続ける。
オペラント条件づけができない例として
寒いので運動しなくなった…行動に及ぼす因子で影響されやすい
このように行動変容にはオペラント条件づけが重要となり、結果事象によって行動が変化する(自発的行動、行動変容への応用)。
講義では更に深く深く掘り下げた内容のプロセス理論、強化マネージメント、自己効力感の源泉等を学びました。
全てをお伝えする事は困難ですので
掻い摘んでお伝えすると
個人の生活を基盤とし自らの生活習慣問題に気付き、行動変容の方向性を自ら導きだすことから、自分の生活習慣で必要とされる課題について目を背けずに自分とどれだけ向き合っていけるか…
健康維持=行動変容
であると私は思い、遠い未来のメリットを重要視していくことが日々の健康維持につながるのではないかと思いました。
今回の予防医学指導士の研修会では幅広い分野の疾病予防について学ぶことができ、普段の生活では得ることが出来ない知識と情報を得ることにより大変貴重な時間を過ごせました。得た知識でより良いアドバイスができるよう予防医学指導士としても活躍していければと思っています。

東京へ向かう新幹線からの景色です。多忙な日常からホッと解放される瞬間でした。

関連記事

  1. 最先端生殖医療に関して
  2. 花まつり(お釈迦様生誕日祝い)福厳寺
  3. ミーティング!
  4. 男性専用サプリメント

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP